俺だって俺なりに

中堅メーカーの経営企画の仕事を通じてサラリーマンの悶々とした生活を満喫中。能力普通でそれなりに真面目。ガラスのハートのくせに実力以上に頑張って疲れたり。「俺だって俺なりに、あなただってあなたなりに」何とかふんばって働いている俺と俺に似たような人がいれば応援したいという意味で始めたブログ。

【教えてファンダ先輩(1)】会社の短信悪化・業績下方修正の株価への影響どう見ていますか?~株初心者から経験者へのご相談~

株を初めて数ヶ月。出せる限度の100万円で少しずつ失敗しながら学ぶ神木。ファンダメンタル重視のスタイルが合うと思ってやりはじめたが疑問ばかり。そんなモヤモヤをありのままに書き出してみる。

f:id:kamikitakeru:20180211203322p:plain

どの投資スタイルが自分にはしっくりくるか、続けられそうか。どうやらここをちゃんと自分にしっくりくるものを選べるかどうかで投資が長続きするかどうかが決まるようだ。


あくまで個別の企業の業績や成長力を見てマーケットが生み出す歪みを見て株が割安かどうかを見て投資をする。企業分析を仕事でもたまにしていること、一応サラリーマンではあるが会社をよくしようと会社を運営する観点を大切にしているつもりである神木はいろいろな投資家のタイプを見て、ファンダメンタル重視が自分にはあっていると感じてそのスタイルで株式投資を開始した。

特にパフォーマンスを挙げられていないし、当然初心者なのでうまくいかないことが99%だが、何とか学び始めて面白さを感じている(直近の下落で最近は怖さの方が圧倒的に勝っているが)

学び始めたはいいが、書籍や先輩方のツイッターやブログを拝見しても深まることも多く、神木は自分のノートに自分の疑問をメモすることにした。題名はそうだな、【教えてファンダ先輩】にしよう。勉強ノートの間にミニコーナー的に疑問を書いていけば、将来の自分がそれをみて「こんなことで悩んでたんだなあ」と思うかもしれない。よしっ、そうしよう。そう思い神木は家族が寝静まる中、最初の疑問を書き始めた。

投資している会社、もしくは投資を検討している会社の短信や業績の修正予想をどう見ていますか?

これはこの1週間で感じた疑問だ。下記リンクから続きへ。

投資している会社、もしくは投資を検討している会社の短信や業績の修正予想をどう見ていますか?

ニューヨークダウが続落、つられて日経平均も下落、空売りしている方の仕掛けもあり、個人のリスク回避行動にもつながり下落。その後急回復、また急落という流れがあった。そのような中、日本は決算ラッシュ。毎日数十社から数百社の決算がどんどん大引け後に発表される。そして次の日に暴落、急上昇などを繰り返すような毎日だった気がしている。

特に感じたのは業績の下方修正に対するえげつない売り。前年比、業績予測、コンセンサス、いずれからもかい離したり、場合によっては微々たる減額であったり、どう考えても一時的な費用の出費による場合でも期待外れということで大きく下げられている。これはどういったことなのだろうか。自分なりに考えてみる。

個別業績とは関係ない相場の大きなトレンドの影響

決算の発表があろうがなかろうが、発表の翌日が大暴落する環境だったらいかに良い決算でも大きく上げることは難しいだろう。大きな暴落相場で業績も下方修正をしたらどこまでが相場によるものか、個別の会社の理由によるものなのだろうか。

その区分けは難しいことは承知しているが、悪い業績発表の翌日下がることが大半だろうが、どれだけ下がるかは銘柄ごとに異なる気がする。それはもともとの割安さと割高さから下がる度合いが生まれるのでだろうか。地合いと呼ばれる市場の環境をかなり受けるものなのだろうか。それとも貸借取引も含めた需給などなのか。きっと全部なのだろう。すべてが影響しあっているのだろう。

もしそうだとしたらファンダメンタル投資家は業績が悪化した場合、どこでナンピンをしたり損切りをしたり、どこまでじっと我慢したりするのだろうか。この答えとしては「自分のルールをもつ」ということだったり「何%ルール」のようなものを持ってやるのかもしれない。

個別企業の短信や下方修正に「がっかり」してとにかく売るという狼狽売り

特にファンダメンタル派ではない方々が業績を見て売って下落している。ようはがっかり感があるのではないか。でもチャート派の方はファンダ情報は見ないのではないか、イベント投資家の方も財務諸表をあまり見ないのではないのだろうか。

それとも皆さん、大なり小なり一つの取引方法だけに固執せず、うまく他の手法も取り入れながら総合的に判断しているのだろうか。そうだとするとニュースのヘッドラインで「60%減益で着地」となればみんな一度は売ろうということになり下落をしているということだろう(合っている保障はないが)。

ファンダメンタル派による企業分析が修正され割高になるため売られる

業績が悪く、現在のEPS予測から大きくEPSが下がる場合、PERは上がる。そうすると割高感が生まれて高すぎるということで売られる。これも要素としてはある気がする。

どれくらいの成長余力があれば高いPERを許容できるかは不明(各自独自のルールがあるので答えはないと感じる一方、日経平均が16倍だったらその前後までを許容としたり、業界によっては成長領域だと30-40でもまったく割高に見られていない場合もある(投資家によってはPERは見ない方もいるからなのだろうが)。

それでも下落をした後、ファンダメンタル投資家はおそらくどこでの”IN”するかを虎視眈々と狙っているはずだ。このレベルにくれば割安とあらかじめ考えているのではないか。投資について話すことができる相手がいない神木には妄想するしかないが、ファンダしかみない投資家もいるという本を読んだことがある。そういう純粋なファンダ型の方はいちはやく新しい業績を反映さえて新しい株価を計算して割安なら仕込むし割高なら売るのだろう。

織り込み済かどうかはどうしてわかるのか

よく織り込み済ということで「短信の業績の結果」の影響をあまり受けない場合がある。はたしてどこまで取り込んでプロは計算をしているのだろうか。「長いテーマ」も織り込み済みでずっと期待値が高いままPER3桁もザラにある。

その場合はおり織り込みすぎということなのだろうか。ではそのニュースなり決算情報がどれくらい悪い材料でインパクトがあるのかないのかどう判断できるのだろう。業績の影響はいろいろな他の投資手法や外部環境に影響されながらも株価に織り込まれていく。

どこまでの情報を織り込んだのかわかればよいのがそのようことが書いてあるわけでもあるまいし、たとえばPER×EPSの観点からどれだけ1株益の成長が繁栄されて今の株価になっているかはなんとなくわかる気もする。

業績悪化や下方修正でどれくらい株価が下がるか、それとも株価に影響がないのか。相場の雰囲気も影響するし、個別企業の割安感もあると思っている(業界によっても全状況は異なる)。誰もわからないかもしれないが想定はできると思う。それでも自分なりにみなさんは考えてポジションをとっているのだろう。

今日はここまで。


 

 <関連シリーズ>

【教えてファンダ先輩(1)】会社の短信悪化・業績下方修正の株価への影響どう見ていますか?

【教えてファンダ先輩(2)】 業績予測が甘かったり、突然ガッカリする変更をしてくる会社をどう思うか

【教えてファンダ先輩(3)】割安な株で成長前提が崩れていない株をどれくらいの期間上がるのを待てるのでしょうか -

【教えてファンダ先輩(4)】ファンダメンタル投資家は市場起因で急落するときにどこで入るかタイミングを決めているのでしょうか

【教えてファンダ先輩(5)】皆さんは一株当たりの利益以外の利益をどう加味していますか